Bullyland(ブリーランド)ドイツ

 

ブリーランド社は1973年にドイツの中南部の大都市シュツットガルトから車で1時間ほど東に走ったシュプレイトバッハという小さな町で誕生しました。創立時はピンクパンサーやサッカーのマスコットの製造がメインでしたが、1977年に今日のメイン商品である動物関連グッズの生産を始め、その分野では世界的に評価を受けるまでに至り、もうすぐ創立40周年を迎えます。ブリーランド社の社名の由来は、創業社長のKlaus氏が大のブルドッグ好きであることからきています。同社の玄関の両サイドには大きなブルドッグの人形が訪問する人々を歓迎しています。ブリーランド社の理念は、常に質の高い商品を提供して子供達の心と創造力を刺激することです。その理念に偽りのないことは、商品を実際に手にとってご覧頂ければすぐにご理解していただけるでしょう。

 

ブリーランド社の主力商品は、実物そっくりに作られた動物関連グッズアニメーションのキャラクターグッズです。どちらも世界中にファンのいる人気商品ですが、トイピースでは動物関連グッズに絞って日本のお客様にお届けする予定です。

 

またブリーランド社本社の横にはBullyworld Museum(ブリーワールド・ミュージアム)という子供達のためのミニ遊園地があり、毎日そこを訪れる子供達の憩いの場となっています。なんとミニバンジージャンプまで体験できます。ランチメニューは大人でも満足できるお子様ランチです。

 

<安心してお買い求め頂く為に>

ブリーランド社の商品は玩具に関するヨーロッパ規格であるCEEN71に準拠しておりますので、赤ちゃんや小さなお子様も安心してご使用頂けます。また長年の研究の結果、環境に悪影響を及ぼす可能性があると言われているPVC(ポリ塩化ビニール)添加物や柔軟材を一切使用しない製造手法を開発し、子供に安全な商品かつ環境に優しい商品をお客様に提供する事が出来るようになりました。その結果、ドイツのSpiel Gut(子供の遊びと玩具審議会)で良質玩具の証明であるオレンジマークの認定を受けました。これは、ブリーランド社が子供と環境を真剣に考えて、商品開発に取り組んでいる証明になっています。